ホワイト中心のコーデで夏らしく美しくキメる!

夏と言えばホワイト中心のコーデに人気が集まります。
デニムの薄いカラーのものが人気になるため、全体として淡色系のファッションが街を賑やかに彩ります。

ホワイト中心のコーデと言っても大切になるのは差し色を上手に使うことです。
インナー、トップス、ボトムス、シューズ、小物と様々なアイテムを取り入れることになりますが、ホワイトを選ぶのは多くて3点までにしましょう。
また、連続しないようにすることも大切です。

例えば、インナー、トップス、ボトムスをオールホワイトで統一してしまうとただの白い人になってしまいます(笑)。
この場合、インナー、ボトムスをホワイトにするのであれば、トップスはやや派手目のカラーをチョイスして、ベルトを見せるスタイルにしてインナーとボトムスの境界線を引くようにしていきましょう。

小物もホワイトを避けてワンポイントでブレスレッドをホワイト系にして、シューズは差し色でブラックをチョイスする。
の、ようにホワイトだらけという印象を与えないためにホワイトを上手に散らばすことが大切になります。

見た目の印象で固まっているとどうしてもおしゃれに見せることができないため、ホワイトを多く取り込み、他のアイテムでセパレートするスタイルを確立していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です