トップページ 初めての方へ 背骨の話 カイロプラクティック ケアの流れ プロフィール
 

  プロフィール


ウツシテ
Dr.TOMO  飯田 朋秀



● 名古屋大学教育学部卒業
● 米国パーマーカイロプラクティック大学卒業
● 中米エルサルバドルにあるアメリカン・カイロプラクティック・クリニックにてチーフドクターを務める。
● 愛知県安城市カイロプラクティック、 みきとも代表

◆ 愛知県安城市出身。
 学生時代は野球とアメリカンフットボールに明け暮れる。小さな頃から腰痛、坐骨神経痛、肩肘痛、腕のしびれ、不眠症など、 さまざまな症状に悩まされる。整形外科、接骨院、整体、カイロプラクティック、鍼灸などありとあらゆるところを訪ねたが、 どこも根本的な解決策にはならずに失望感を感じる。

大学卒業後、「自分は本当に体を根本から変えることをしたい」という思いで、カイロプラクティックの本場アメリカに渡り、 世界最古のカイロプラクティックスクールであるパーマー大学へ入学。在学中、多くの奇跡的な出会いに恵まれ、また、 自身の長年の不眠症が改善されたことから、ガンステッド・テクニックの習得にすべてを捧げる。 そして、ガンステッド・テクニックの権威、ドクター・トロキセルのクリニックでインターンとして働きながら経験を積む。

卒後、中米エルサルバドルへ渡り、中米最大のカイロプラクティック・クリニックでチーフドクターとして働きながら、 延べ5700人のケアを務める。

2008年8月、帰国。

同10月、愛知県安城市にみきともカイロプラクティック開業。



カイロプラクター
Dr.MIKI  飯田 未来



● 福岡柔道整復専門学校卒業国家資格を取得
● 福岡の整骨院に勤務
● 米国パーマーカイロプラクティック大学卒業
● カイロプラクティック・フィロソフィー賞を受賞
● フィジーにて海外ボランティア活動

◆ 
福岡県大牟田市出身。

 中学・高校時代、双子の妹と一緒に陸上部でトラック競技に打ち込みました。
クラブメンバーたちとの練習は、毎日遅くまで楽しいものでしたが、疲労骨折をはじめ、度重なる 足の怪我に泣く日々でもありました。
整骨院、整形外科はもとより、母と一緒にウワサの治療院を尋ね、何時間もかけて通ったものです。

高校卒業後、妹は「現役アスリートを続けたい!」と大学進学。 私は「自分と同じように怪我で悩む人たちを助ける仕事をしたい!」と柔道整復師の道へ。

福岡の専門学校在学中から整骨院で経験を重ねていく中で、≪背骨のズレを直して根本の痛みをとる医療≫があることを知り、 次第に「そんな医療を目指したい!」という思いが生まれ、DCによるカイロプラクティックセミナーを受講開始。
思いはますます深まり、専門学校卒業後、セミナー受講を続けながら1年間の整骨院勤務を経て、 カイロプラクティック発祥の学校である、アメリカのパーマー大学へと留学。 同じ志の仲間や素晴らしいDCたちとの出会いを通して、ガンステッド・テクニックに「目指す医療」を見出しました。 特に、心から尊敬するドクター・トロキセルのもとでのインターン経験は“真のカイロプラクター”への指標を示してくれ、 目指す未来への大きな喜びを実感できました。

フィージーでのボランティア活動を終え、2008年12月帰国、結婚。

Copyright © 2009 MIKITOMO All rights reserved.